読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

枯れ木も山の賑わい

webエンジニアを目指す無職のブログ

よく詰まるrails

railsで詰まった事と解決策を箇条書きにしました。 

 

rails consoleが出来ない

対策 → rb-readlineのgemをインストールしよう

 

rakeコマンドが使えない

対策 → rails5からは rakeの代わりにrailsと打とう

(bundle exec rake …でも大丈夫だが)

MacBook の動作がもっさりして困った話

先日、MacBook proを立ち上げ、自分のユーザーにログインした際に起きた事象。

 

ログイン後に現れるプログレスバーが一向に進まない。

 

とりあえず軽い気持ちでNVRAMリセットを行ってみた所、プログレスバーは進むので問題無いと思いきや、ログイン後にリブートした所、リブート後のログインでプログレスバーが停止。なんてこった。

NVRAMリセットについて(公式サポート)↓

https://support.apple.com/ja-jp/HT204063

 

OSを再インストールし直せばなんとかなると安直な考え、実行。

OSの再インストールについて↓(公式サポート)

https://support.apple.com/ja-jp/HT204904

 

再インストール後は起動後にプログレスバーが進まない事象が起きない。

だがしかし、全体的に動作がもっさりと遅い。というか遅すぎる。

 

ターミナルでのviコマンドで40行程度のファイルを開くのに30秒以上の時間が掛かってしまう程だ。

 

これでは自分で行なっている開発に支障が出てしまうので、バックアップを取り、泣く泣くクリーンインストール

クリーンインストールについて(公式より)

https://support.apple.com/kb/PH25649?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP

 

 

OSのクリーンインストールは初めて行なったので、TimeMachineで取ったバックアップをそのままTimeMachineで復元するのでは無く、移行アシスタントを使い復元。

移行アシスタントについて(公式サポートより)↓

https://support.apple.com/ja-jp/HT204350

 

 

クリーンインストール後にはプログレスバーが止まったりする事は無く、動作も問題無くサクサク動いた。

 

原因は電源が落ちた事により、FileVaultが起動し、ログインが上手くいかなくなったところ、その状態でアップデートしてしまいシステムに悪さをしてしまい、処理が重くなってしまった。

 

自分ではこの様な事は初めてだったので記念のメモとして残そうと思う。

 

 

誰得退職エントリ

昨年末に退職をした。

客先常駐SIerではよくある、スキルの向上や新しい技術を扱う事が出来ないと判断しての退職だ。

新卒で入社して1年9ヶ月と、世間一般では短い退職であるが、決断に迷いはない。

 

退職後に2週間程転職活動を行い、幸いな事に内定を頂く事が出来たが、自分自身にSIerとwebエンジニアのスキル面での乖離が大き過ぎるのではないかと考え、自身でwebサービスを作り、それらを見て頂き、webエンジニアとして働く事に関して問題がないと評価頂けた会社に入社しようと考えている。

 

在職中に帰宅後に勉強していたrailsチュートリアルを怠惰ゆえに投げ出してしまった身としては、progateでrailsアプリを開発方法を学び、それらを参考にして自身でrailsアプリを開発しようと考えている。

 

果たして上手く行くのだろうか、頑張ろう。